レペゼン地球DJ社長のアカウントがBANされたことから学ぶこと


こんにちは、志村光一です。


突然ですが、あなたは
【レペゼン地球のDJ社長】さんって知ってますか?


全然知らない人は、名前だけ聞いても
【なんのこっちゃ??】
と言った感じだと思うんですが、


チャンネル登録者数100万人を超え、
動画の総再生回数が2億万回という、
ここ最近でかなり人気の出てきた
トップクラスのyoutuberのうちの1人です。


企業案件の1件あたりの単価が
400万円を超えると言われていて、
(ちなみに、現時点ではこの単価は日本一らしい)


なにか企業から
『この商品を紹介してくれない?』
と頼まれて、
10分程度のレビュー動画を撮影したら、

トップクラスのyoutuberだと、
それだけで1本100万円~400万円もらえる、
と言った、現代ならではの稼ぎ方です。


まあ、実際は代理店や事務所を通す場合が
ほとんどだと思うので、
youtuberの手元に入るのは
そこからさらに半分程度だとは思いますが、


それでも、個人的には
かなり割の良い個人ビジネスなんじゃないかな~と、
勝手に思っています。


人気のyoutuberはアドセンス広告とか
そんなちまちました広告収入ではなく、

こうした企業案件で稼いでいる人が
ほとんどだと言われていますね。


もはやテレビに出ている芸能人と変わりませんね。


そしてレペゼン地球のDJ社長さんの中では、
こちらの動画がかなり再生された動画で
私も好きな動画なので、
興味があればぜひ1度見てみてください。


※なぜか最後まで見てしまう
人を惹きつけるものすごい力がある動画です。




でもって、最近の小学生は、
【将来になりたい職業】にyoutuberをあげるそうです。
すごい時代になりましたね。

2018-07-18_154323
そんな人気youtuberだった
レペゼン地球さんのアカウントが、
つい先日、youtub運営からBANされたそうです。



2015年の話だと、
人気youtuberの1人だったシバターさんが、
月収80万円からアカウントBANを食らって、
収入が一気に激減した、という話も話題になりましたよね。

2018-07-18_154740



まあ彼らの場合は、
youtubeの収入だけに依存していた、
ということよりも、

個人の知名度が相当上がってしまったので、
(むしろそれが目的なところもあるでしょう)

一度アカウントをBANされても、
また再起することは難しくないと思います。
なにせ大勢のファンが付いていますからね。
企業案件もまた来るでしょうし。


ただ、じゃあこれが、

■youtubeのアドセンス広告などを収入の柱としていた人だったら?

と考えたら、相当恐ろしいことです。


だって、月収数十万円とか稼いで
その収入の柱だけに頼って生きていたら、
来月から収入ゼロですからね・・・。


貯金がなかったら完全に死亡です。



実際に私の身の回りでも、
youtubeのチャンネルが消されたり、
アフィリエイトサイトが飛ばされたりして、


翌月から月収がいきなり90%以上激減した人もいます。

例えばサイトアフィリの友人は、
月収150万円から、翌月いっきに20万円まで下がりました。


まあ、彼らがどんな手法でやっていたのかは
私は詳しくはわかりませんが、

youtubeの運営やgoogleや広告主が

■ダメです!苦情は一切受け付けません!あなたはBANします!圏外に飛ばします!広告単価下げます!

って言われたら、もうどうしようもないわけです。


数年間かけて積み重ねてきたものが、
一気にその瞬間パーになります。


そう考えると、相当恐ろしいです・・・。


そして、それはある日突然やってきたりします。



アフィリエイトや
何かのプラットフォームに乗っかったビジネスというのは、

こうした外部に依存しまくっているので、
収入の首根っこを掴まれているのと一緒です。


それってそういう意味では、
会社勤めとなんにも変わりません。


こうしたビジネスでいくら月収ウン百万円稼ごうとも、
ビジネスを自分でコントロールできないのであれば、
本当の自由なんてものは絶対にやってこないということです。


あ、自分がやりたいかどうかとか、
そこに情熱があるかどうかとか、
そういうことではないです。


本当にそれがやりたくて情熱が注げるならば、
それはリスクがあっいたとしても、
ぜひやったらいいと思います。


私が言っているのは、【自由にはなれない可能性が高い】ってことです。



だから別に、
上記のようなビジネスは別に否定しませんが、

私がこれまで、youtubeもアドセンスも
そういったなにかに依存するビジネスに
ほとんど力を入れてこなかったのは、
それが本当に嫌だったからです。


自分の収入が、

自分のコントロールできない外部に依存している、

そして、その収入源も1つしかない、

となったら、あなたはどう思いますか?


相当怖くて不安じゃないでしょうか。



毎月1日になると、

【果たして今月は稼げるだろうか・・・】

とか、

【徐々に広告単価下がってるけど、生活していけるだろうか・・・】

とか、

そういった不安と常に戦わなければいけません。
これって、精神的に相当しんどいんです。


だったらまだ、給料を約束されている会社員の方が
まだましかもしれません。


私が思うに、人生で大事なことは、

・自分が好きなこと、やりたいこと・趣味や遊び・夢

そういったものに、

日々の不安なく全力で熱中したり集中したりできることです。


ですが、なにかに収入を依存してしまうと、
こういった人生は不可能にちかくなります。



あんまりこういう事は言いたくないですが、


サラリーマンに自由がないのも、
会社という外部に、完全に収入を依存しているからです。


会社にリストラされたらその途端に生活ができなくなるので、
そうならないために会社でなんとか立ち回らなければいけません。


やりたくもない仕事・・・
付き合いたくない人との人間関係・・・
休日すら自由にならない自分の時間・・・
会社や上司から無茶振りされる要求・・・

こうしたものを、断ることができず、
ストレスを抱えながら我慢しなければいけないんです。


あ、あと、毎日に満員電車もですね。



例えばですが、会社員の給料の他に、
ネットビジネスで収入が本業と同じくらいあったらどうですか?


しかもそれが、ブログ・メルマガからもたらされる、
なにかのプラットフォームに依存しない、完全自動化の収入だったら?


もし急に会社をやめることになっても、
なにも問題ありません。


むしろ仕事や会社の理不尽さを我慢することなく、
自らやめる道を選ぶこともできます。



会社の給料だけに依存したり・・・

旦那や家族の収入に依存したり・・・

なにかのプラットフォームに依存したビジネスをしていたり・・・


なにかに外部依存している時点で、
自分の人生はいつ閉ざされてもおかしくありません。



特に重要なのは、お金の問題もそうですが、
【精神的な問題】ですね。


お金は頑張ってまた稼げばいいですが、
外部に依存しているときの精神的な不安やプレッシャーは、
それは生半可なものではありません。


そんなことでは、1度きりの人生楽しめたものではありません。




複数の収入源を持つ努力をしたり、

自分1人になってもいつでも稼げるように自己研鑽をしたり、

特定の人や会社や広告主やプラットフォームに依存しないでもいい状態を作ったり、


自由な人生がやってくる日まで、
それらを常に意識しなければいけません。




もしあなたが
自由な生活を手にしたいと考えるならば、

自分の収入や生活の中で依存しているものの
依存度をどんどん下げていくことです。



だから私は、ブログ・メルマガを主軸にしつつ、
アフィリエイトと、自社商品の販売しか、
これまでの数年間やってきていません。



もちろん、どのネットビジネスにも
メリット・デメリットがあり、
すべてを否定するわけではもちろんないですが、



ぶっちゃけ、
ブログ・メルマガでの情報発信が最強ですよ。


これほど安定したネットビジネスは
他にないと思いますよ。


少なくとも、私がネットビジネスを始める前から
数えても10年近く稼ぎ続けられていますし、
少なくとも今後もまだまだ稼げると思います。


こんな息の長いビジネス、
ネットビジネスでは私は他に知りませんよ。


だってネットビジネスで稼ぎ続けている人、
みんなずっとメルマガやってるでしょ?
ってことです



ブログ・メルマガは、収入に関しては、
私のブログやメルマガを読んでくれる人がいる限り、
ゼロになることがほぼありえません。



ついこの間も、1ヶ月以上ぶりにメルマガを書きましたが、
それでも40万円以上の報酬が上がりましたからね。

次世代起業家ASP2018.02

最近はメルマガを使わなくても、
ブログやSNSから集客して、noteという情報商材を
直接売っている人も多いです。



このように、【集客と販売】さえ1度身につけてしまえば、
少なくともたった数年では稼げなくなることはないんです。


これは本当に、
自由な人生を手に入れるための本質の1つだと思います。



【特典付き】メルマガ登録はこちらからどうぞ!
↓↓↓


こちらからも無料登録できます。


【4大特典付き!】メルマガの無料登録はこちら

2018-07-18 | Posted in マインド, 雑記Comments Closed 

関連記事