ネットビジネスで稼ぎたいなら情報弱者を抜けだせ!!


こんにちは、志村光一です。


最近良く使われる言葉で

■情報弱者

という言葉はご存知ですか?

略して『情弱(じょうじゃく)』と言うそうです。



まああまりよい意味の言葉ではないので
嫌悪感を示す人も多いですが、

ビジネスをしていく以上、

『情報弱者』であること

『情報弱者を抜けだそうとしないこと』

は稼いでいく上で致命的なので、
今回は『情報弱者』について
ちょっと私の考えを解説していきます。



情報弱者とは、要するになにか
特定の分野やジャンルにおいて
『情報に疎い人』『知識のない人』を指します。



そして、

『情報に流されやすい人』
『真偽が定かでない情報に踊らされる人』


も、私は【情報弱者】だと思っています。



ようするに、
自分の力で情報の正しい取捨選択ができない
【思考停止状態】の人のことだと
私は個人的に定義しています。



まあ、情報弱者という言葉は、
なにかの分野での【初心者】に多く見られるような、
否定的なニュアンスで使われることが多いですね。



■楽して稼げる!わずか数回クリックするだけで稼げる!

■◯◯せどりはもう稼げません!次は◯◯という手法が最強です!

■寝ている間にもあなたの口座にお金が続々と振り込まれます!

みたいなものに、簡単にふらふらと
ついて行ってしまう人たちです。

最後のはちょっと大げさに書きましたが。


今自分がやっていることに自信が持てなかったり、
ちゃんと実践もしていないのに
『稼げません!』とすぐに嘆いたり、



上記のような甘い言葉に誘われて、
左へ右へフラフラし・・・、


『次こそは!!』と言って次から次へと
高額な【情報商材】や高額塾に
入っちゃうパターンですね。



たぶんこんな甘い言葉に
つられて商材を購入した人は、
おそらく90%は稼げていないでしょう。
稼げたとしても、お小遣い程度でしょうね。



当然ネットビジネスやアフィリエイトの業界でも
こうした【情報弱者】はうようよしています。



そしてその、

【情報弱者をカモにして儲けてやろう】

としているそういう甘いセリフが書かれている
セールスレターなんて、
【販売者が楽して稼ぐようなもの】なのです。



さすがに『詐欺商材』と言われるものは
すでになくなってきてはいますが、

ちゃんと稼げる【教材】と、
机上の空論を語った【商材】の二極化が
激しくなってきているなー、
というのが最近の印象です。



もちろん、最初にその業界に飛び込んできたときは
誰しも初心者なので、誰しもが【情報弱者】です。

なにが正しくて、なにが正しくないのか、
最初はまったくわかりません。

もちろん私もそうでしたので、
今まで600万円以上もかなり自己投資をして
一生懸命勉強をしました。



だから、あなたが最短最速で結果を出したいのであれば、
正しい情報と知識を取捨選別する力を身につけ、

【一刻も早く情報弱者から抜け出すこと】

が最重要なわけです。



なぜなら自分があっちへフラフラ
こっちへフラフラして【情報弱者】でいる限り、
どんな業界でも
徹底的に搾取される側だからですね。



例えば、先日こんなことが
私の身近でありました。



私が音楽活動をしているのは
あなたもご存知だと思うのですが、

『あなたのバンドのホームページを作りませんか??』

という業者から、メッセージが来たのです。



で、あまりにも情報弱者向けの対応だったので、
思わずびっくりして
キャプチャしてしまいました。

2012-12-20_012111
ね、かなりやばいですよね(笑)


ここに紹介されているものは
どれも数時間あれば、そして数千円程度あれば
今すぐにでも簡単にできるものです。



あなたもこれからアフィリエイトを覚える過程で
これらは必ず行う作業ですが、
これらはそれこそ検索エンジンで調べれば
無料の情報だけでも余裕でなんとかなるレベルです。



まあそれだけ

『ホームページを作る・運営するのは大変』

というイメージを持っている
勉強不足な人を狙っているのでしょうね。



・ドメイン取得、サーバーレンタル(1万円)
⇒数百円から数千円で今すぐ出来ます。

・グーグルアナリティクス設置(29700円)⇒無料です。

・アメブロのアカウント取得・リンク(29700円)⇒バカにしてんの??


って感じですよね(笑)



まあでもこのビジネス自体は否定しませんよ。

というのも、

『それでもいいからやってほしい!!』

という人のニーズは満たしていますから、
ちゃんと価値を提供しているわけです。



私がダメだなー、と思うのは、

『自分で調べるのもやるのも面倒くさいから、
お金はらってでもいいから頼んじゃえ!』


っていうことを脊髄反射的にしてしまう
『思考停止状態』の人こそ、
まさに【情報弱者】なわけです。



私はいつも

■自己投資は絶対に必要!お金で時間を買うという意識を持ちましょう!

と言っていますが、

『お金を使わなくていいところ』には、
一銭もお金を使っちゃダメです。
自分が情報弱者になってはいけません。



私たちはこれから誰かから給料をもらうのではなく、
『自分の力で稼ぐ側』に回るのです。
だから、情報弱者からは一刻もはやく抜け出しましょう。


こうしたことは実社会でも、
普通に繰り広げられています。



例えば大手家電量販店やパソコンショップでは、

Twitterアカウント取得:1000円!
スカイプアカウント取得・設定:2000円!
facebookアカウント取得:1500円!
gmailアカウント取得:1000円!
wi-fi無線LAN設定:3000円!

みたいな、
信じられないサービスをよく目にします。
どれも無料で5分あれば終わる作業です。



たった数分の作業で
いったいいくら稼げるのでしょうか。
原価ゼロですからね、やばいです(笑)


ちょっとネットを知っている人なら
まず申し込みませんが、
ご年配やご老齢の方であれば、
喜んで申し込むでしょう。


先にも言いましたが、
このビジネス自体を否定するわけでは決してありません。

このサービスに申し込んだ人が、
『値段分の価値』を感じれば、
それは立派なビジネスですから、
誰も損していませんし。


先ほど言ったように、
何かのジャンルでは人は絶対に情報弱者です。

私だって医者を選ぶときは迷いますし、
髪を切るときもどこの美容院がいいか迷います。


なにかわからないことがあったときに
信頼できそうな人に

『あっちはダメだから、こっちにしなよ!』

って言われたら、
思考停止してホイホイ選んでしまうかもしれません。



ですが、

『自分の力でお金を稼ごう』

としている以上、
いつまでも情報弱者のままではダメなのです。

でなければ、
いつまでも使う必要のないお金を
じゃぶじゃぶとドブに捨てることになります。



私だって過去は、隣の芝が青く見えて、
誘惑に負けて自己投資のつもりで
ホイホイ高額塾に入ってしまい

いまだに

『こんなの買う必要なかったーー!』

っていう教材や本や高額塾など
一切読まないままのやつとかありますからね。


でも今は頑張って勉強してきたので、
最低限、それなりのマネーリテラシー、
ネットリテラシーはあります。


ネットでもリアルでも、
情報弱者をカモにしようとしている
怖い人達がたくさんいます。


そうした人たちに
余計なお金を払わないためにも、
さっさと情報弱者から脱出し
くだらない、やすっぽい情報に
惑わされないようにしましょう。


あんまり情報弱者という言葉は
使いたくないですが、
ネットビジネスをして大きなお金を稼いでいくためには
重要なテーマなだけにあえて使わせてもらいました。



最初は情報弱者であることは悪いことではありませんが、

■いち早く情報弱者を抜け出すこと

が重要です。

【思考停止状態】で言われるがまま流されるのが
一番まずいのです。


【脊髄反射・思考停止】

この2つは稼げない人たちに共通するキーワードです。



参考にしてみてください。



【特典付き】メルマガ登録はこちらからどうぞ!
↓↓↓


こちらからも無料登録できます。


【4大特典付き!】メルマガの無料登録はこちら

2018-11-01 | Posted in マインドNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment