時間価値を上げる努力をしよう


こんにちは、志村光一です。



改めて言うまでもないのですが、
一日の時間は誰しも24時間です。



総理大臣も、大統領も、
お金持ちも、成功している人も、
普通の人も、サラリーマンも、
アルバイトも、ニートも、ホームレスも。



年収200万円のワーキングプアと呼ばれる人たちも、
年収400万円の一般的なサラリーマンも、
年収1000万円の起業家も、
年収1億円の億万長者も。



それはこの世で唯一、誰しもが平等です。



なのに、なぜこんなに差が生まれてしまうのか?



睡眠時間に7時間、
ごはんやトイレやお風呂に2時間かかるとして、
残りの時間は15時間。



まあ予定通りに行かないとしても、
誰しもが自分の時間は最低でも1日12時間はあるわけで。



そのうち、8時間は会社に行ったりバイトに行ったり。
移動時間や拘束時間を考えたら、
10時間は仕事拘束かもしれない。



となると、一日に残された自分の時間は2時間から、5時間ほど。


私のように、
会社勤めをしていないようなフリーランスの人や、
ネットビジネス専業の方であれば
毎日12-15時間は自分の好きな選択肢を選べますが、



会社勤めやアルバイトをしているなら、

残されたこの2-5時間をどのように使えたか?

の積み重ねが、
積もり積もって結果を出している人とそうでない人との
大きな差になるわけです。



こうしてみると、

■意外に1日の自分の時間が少ない

と思ったのではないでしょうか?

それとも、多く感じたでしょうか?



私も漫画を読んだり映画を見たりは好きなので、
別にマンガを読んだり、
テレビを見ることを否定はしませんが、


2時間のゴールデン番組を
だらだらと見たらもうそれで1日の
自分の時間が終了だと思えば、
どれだけもったいないことをしているかに気づきます。


たった2時間でも、かなり貴重な時間なのです。



でもこの事実をまともに受け止めている人とそうでない人は、
相当大きな差になるのは言わずもがな、ですよね。



1日2時間、勉強や作業をしている人と、そうでない人。

年間に換算すると、730時間、ゆうに1ヶ月分です。

1ヶ月をまるまる不眠不休で勉強していた人と、
貴重な時間をゴロゴロしたり遊んでいた人との差は歴然でしょう。



1ヶ月まるまる何かのことにうちこめば、
たいていの技術や知識は身につきますよ。

また、それだけ作業すれば
どれだけの自動化や稼ぎの仕組みができるでしょうか。



それがわかってれば、
自ずとムダな行動はとれないってものですよね、
時間が勿体無くて。
この事実に気づいてない人はかなりヤバイです。



私も人に偉そうに言える立場ではありませんが、
事実として、世の中の大半の人たち、
特に漫然と刹那的に流されて生きていて
人生に充実感を感じていない方というのは、
こうした意識を持っていない場合がほとんどかと思います。



ネットビジネス専業の方であれば
自己管理を徹底しなければいけませんし、

まだ独立していない方は、
一日に使える貴重な自分の時間を
なおさら勉強や作業に充てていかなければ
結果が出るのが遅くなっていくだけです。



私がいつも言う、

■自分の【時間価値】を上げていく努力

を常日頃しなければいけません。



結果を出す人とそうでない人の違いは意外に単純です。

当たり前のことを当たり前のように日々淡々と取り組むだけです。


結局はそれの積み重ねで人生が決まります。



ですので、もしあなたがなにかしらの分野で結果を出したかったら、
この時間価値を上げる意識を
少しずつでいいので必ず持っておくとよいですね。

副業で取り組まれている方はなおさらです。


そしてお金を生む作業だけじゃなくても、
自分の人生を充実させることや
自分を成長させるためことに、
貴重な人生の時間は大切に使っていきましょう。

お金はいくらでも稼ぐことが出来ますが、
時間は絶対に戻ることはないですからね。


【特典付き】メルマガ登録はこちらからどうぞ!
↓↓↓


こちらからも無料登録できます。


【4大特典付き!】メルマガの無料登録はこちら

2016-09-09 | Posted in マインドNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



Scroll Up