貯金を頑張っても豊かにはなれない話


こんにちは、志村光一です。


生まれながらにして
家や親が大金持ちだったりして、
小さい頃から経済的には何不自由なく
生きてきた人がいます。


そういう人は極まれなわけですが、
私のようなどこにでもいる普通の人間を含め、
世の中の多くの人たちは
多少なりとも経済的に制限がある生活を
送ってきた方が多いですよね。



私はザ・中流階級の家庭に育ったので
特にそこまで生活には
不自由は感じてはいかったものの、


自分の昔を思い返してみれば
親や親族が結構経済的な面で
苦労してきているところを見てきました。



例えば、

・学校に行くお金がなくて奨学金を借りたり・・

・本当に買いたいものを我慢してきたり・・・

・住宅や車などのローンに苦しんできたり・・・

など、常にお金には頭を悩ませていましたね。


これってなぜかというと
驚愕の事実なのですが、

そもそも【日本のシステム】自体が
【お金が足りるように出来ていない】からです。


どういうことか?


スルガ銀行のライフプランシミュレーションを
試しにやってみると
非常に分かりやすいのですが、

↓↓↓
スルガ銀行ライフプランシミュレーション



奥さんと結婚して、子供を一人授かりますよね。
奥さんには専業主婦をやってもらって、
住宅を買う、または賃貸で借り続け、
子供1人を大学まで育て上げたとする。


仮にこういう設定だと、税金などもろもろ含めて
【2億5000万円】が大まかですが必要になります。


ですが、月の給料が25万円でボーナス合わせても
年収400万円の普通のどこにでもいるサラリーマンですと、

20歳から定年まで40年間働いても

【1億6000万円】しか給料はもらえません。



そもそもこの時点で【1億円弱】も足りていないのです。


これを節約やダブルワークや奥さんとの共働きの収入で
賄おうとしても、土台無理があるわけです。


大企業は、自分の会社で一生働かせるために
入社してすぐに、住宅ローン35年組んで
一戸建てを買わせたりするらしいですよね。


しかも35年ものローンという
不確定極まりない【借金】に対しても、
会社員をしていれば銀行はわりと緩い審査で
住宅ローンを組ませてくれますよね。


これは、世の中がそういう仕組になっていて、
日本のシステム自体が、
そもそも給料だけでは賄えないくらい
お金がかかるような仕組みになっているんです。


では逆に、そこまでお金持ちで裕福な過程に
生まれたわけでもない人でも、

・20~30代くらいでさっさとセミリタイアしてお金のために労働をする必要がなくなる人

たちもいます。



一体彼らは、私の親族や両親、
また世の中の大多数の人のような

・60歳まで生活費やローンなどお金のためにあくせく働き続ける人

とは、一体なにが違ったのでしょうか?



正解は【投資したかどうか?】です。



以前にもお伝えしたように、

・いくら給料の高い仕事についても

・出世して給料が沢山もらえるようになっても

・どんなに貯金を頑張ったとしても


そもそも40歳で2億円を貯めて
セミリタイアすることは、
現状の日本のシステムだとまず不可能なんです。


もちろん、夢も趣味も家族も子供もなにもかもを
適度に諦めて、
家賃の安い田舎に引っ越してのんびり暮らす、
こういった選択肢であれば不可能ではありません。



ですが、先のスルガ銀行の
ライフプランシミュレーションのように、
一般的な家庭を持ち、一般的に生活していこうとしたら、
【そもそも給料だけでは足りない】のが現実です。
これで2人目の子供を授かったとしたら、
さらにプラス4000万円だったかな?
が上乗せされるわけです。



そりゃあ、お金が足りないわけだ・・・。



というわけで何度もお伝えしているように
好きなことを好きなときに好きなだけやりたい!
という自由な人生を手に入れたいのであれば、


【投資の意識】は必要不可欠です。


投資とはロバートキヨサキが言っているように、

■放ったらかしでもお金を運んできてくれるもの

ですよね。


つまり【将来のお金を生んでくれるもの】
お金を投じていきましょう、ということですね。


それを考えると、年金とかも一応は投資ですね。
まあ年金は国民の義務でもあり、
なおかつ25年以上払わないともらうことが出来ない、
という元本割れのリスクがついてるので、
割のいい投資か?と言われればそうでもないですけどね・・・。

最近はこの【25年】が【10年】に短縮されたんだったかな?



まあなにはともあれ、

・お金を預けておくだけで自動で増えるもの

・なにもしなくてもお金をもたらしてくれるもの

・将来に何倍にもなってお金が返ってくるもの


これにしっかりと投資をする必要があります。



でもって一番わかり易いのは
株や金融商品や不動産だと思いますが、
それだけではありません。



【自分自身の成長に投資すること】

も、立派な投資なわけです。



新しく開店するラーメン屋さんが大金をかけて設備を導入するのも、

工場の社長が新しいシステムや機械を大金かけて導入するのも、

将来、医者になりたくて大金と労力と時間をかけて医学部に入るのも、

すべては【投資】ですよね。



そうして手に入れた機械や設備で生産性を上げたり、
手に入れたものや知識を使って
将来により大きなお金を生み出すわけです。



私やあなたが過去に通った【学校】だって、
いうなれば【立派な人間として社会に出れるように】
という、立派な先行投資なわけです。
義務教育なので投資だと捉えている人は少ないですけどね。



例えばあなたは、

■月に5万円の家賃で賃貸に出せる地域の中古の戸建て物件が150万円で買える!

となったら、どうしますか?


ちなみに、現金がない!では話にならないので、
あなたがいま、現金を500万円持っていると
仮定したら、で考えてみてください。



思いきって購入し、月に5万円で賃貸に出しますか?

それとももったいないから銀行口座に0.001%の金利で貯金しておきますか?



ここで悩んで、【よし貯金だ!】と考えてしまった方は
まだまだ日本の洗脳教育がとけていないかもしれません。



ちなみに私の親の場合は、なにかお金が入るたびに、

■なにかあったときのために必ず貯金しなさい!!

って、小さい頃からもう耳タコになるくらい聞かされました。


じゃあ、この物件の場合、

月に5万円で賃貸に出したら年間60万円の収入です。

ということは、2年半で元金の150万円はペイできてしまいます。

まあ管理費や入居者が決まらないリスクなどを
含んでいませんので、この通りにいかないかもしれませんが、
それでも3年もあればペイしてしまうでしょう。



また、この中古物件を50万円かけて
新築みたいにリノベーションをして、
家賃を7万円にして貸し出したらどうでしょうか?


なんと2年1ヶ月でペイしてしまい、
その後はずーーっと毎月7万円を生み出す金の卵になるわけです。
(まあ実際は耐用年数がありますが)


完全な不労所得ですね。


ちなみに、これが不動産投資で稼ぐ王道スキームです。
しかも会社員の人は融資を引っ張れるので、
元手なしでも不労所得を作れるんですね。




こんな不労所得のチャンスが目の前にあって
【もったいない!リスクだ!】と思うのか、
【これから不労所得が作れるぞ!!】と思うのか、



あなたはどちらでしょうか?



自由なお金持ちになれない人というのは、
残念ながら、将来の数千万円と引き換えに、
目先の150万円をケチって貯金しちゃうんですね。



当然、銀行にいくら貯めていてもお金は増えませんよ。
いまの金利だと100万円を1年間預けても、
利息はたった100円です。


振込手数料や引き出し手数料で
108円~300円取られる時代にです。


もちろん金銭的なリスクもあるので、
必ずしも不動産投資をしろ!
と言っているわけではありませんが、


こうした考え方が出来なければ、
いつまで経っても自由にはなれない、
というのは間違いありませんね。



ですが裏を返せば、
この国の何十年も先の未来なんて、
誰にもわからないのです。


銀行だって1000万円まではペイオフの対象ですが、
それ以上はいくら預けてても
破綻したら水の泡です。


30年後にハイパーインフレが起きて
2億円の貯金が2000万円になってしまうかもしれませんし、
預金封鎖で口座から一切のお金が引き出せなくなるかもしれません。


そんなことは、誰にもわからないのです。



つまり経済的に自由になりたいのであれば、

・自分でコントロールできる範囲でリスクを取ること

・投資すべきタイミングでしっかりと投資の決断を下すこと

これしかありません。



判断を間違えてしまったら
一発で人生がアウトになってしまうような場合は
慎重に決断をするべきだと思いますが、


そんな危険な決断、この世の中にそんなにありますか?
そんなに危険なら、やらなければいいだけです。


そもそも、最初から完璧に上手い投資が
できる人なんてまずいませんよ。


みんな投資の回数を重ね、
多少のリスクを取りながら勉強し、
投資のスキルを上げてさらに大きな投資をし、


雪だるま式に資産を増やしていった人が、
数年後にセミリタイアをして
自由な人生を送ることができるのです。



これをネットビジネスにたとえてみましょうか。


■月に5万円を自動で稼いでくれる仕組みの作り方を
あなたに手取り足取り教えてくれるサービス!!


というものが、20万円で販売されていたらどうでしょう。



■20万円!!そんな高いお金払えるか!!

と、大半の方は思うでしょうね。

中には、ぼったくりだ!!とプリプリ怒る人もいるでしょう。


もしくは【入りたいけど、今はお金がないからいいや】


まあ、これがこの世の中の大半の人の思考力です。



ですが、先ほどの不動産の話を思い出してください。


月に5万円を自動でもたらしてくれるのであれば、
それは20万円でも十分安いはずなのです。
4ヶ月でペイできてしまうわけですから。


本来ならば、先ほどの150万円の不動産と
同じくらいの価値があるわけなのです。



それなのに、こういった投資を一切せず、
リスクもとらず、自分のできる範囲でしか努力をせず、
目先のたかだか数万円すら損することを恐れていては、
永久に資産収入や不労所得なんてものは作れません。


結果、自由になることはできません。


ずっと忙しく労働をして働き詰めのまま、
お金のことを気にして定年まで働き続ける人生しか
残されていません。



将来お金を生んでくれるものに
しっかりと投資をすることができるか?


これが、豊かな人生とそうでない人生を分ける
最大の違いだと思いますし、
実際にロバートキヨサキが金持ち父さんの中で言っています。



というわけでだいぶ長くなってしまいましたが・・・



今日の結論。


■貯金を頑張ってはいけない!

ということです。


といっても貯金を全部使え!と言っているわけではありません。

必要最低限の生活費と多少の余裕だけは
残した方がいいと思いますが、
あと残りは全額、資産になるものに投資すべきです。



日本人は貯金を美徳とする傾向があります。

投資というと、【がめつい】とか【危険、リスクが高い】

などという人がまだまだいます。


ですがこれこそが自由になれない
象徴的な考えです。


仮に不動産や株は危険だったとしても、
【自分のスキルや知識】に投資することが、
そんなにも危険な投資でしょうか。


一時的にはお金が出ていくかもしれませんが、
数年後、その培ったスキルを使って月100万円でも稼げれば、
それだけで十分もとは取れたのではないでしょうか?


お金というものは
【なにかに交換したとき】
に意味をなすものであり、

口座にせっせと寝かしておくだけでは
なんの意味ももちません。
ただの数字の羅列でしかありません。


過度な貯金は死んだお金と一緒です。


仮にあなたが毎月少ない給料から
せっせと100万円貯めました。として、


明日、突然交通事故にあって、
保険に入っていなかったら、
治療費やら何やらで、
100万円なんて一瞬でパーです。


本当に将来のことを考えるのであれば、

■将来お金を生んでくれるもの(スキルや知識や不動産や株やビジネス)

などに投資する方が、
よほど未来のためです。


残念ながら、こう思える人って、
今の日本では本当に少ないんですよね。


だから会社や仕事やお金にがんじがらめにされて、
自由な人がこれほどまでに少ない、といえるのでしょう。



ちなみに個人でもっともリスクなくできて、
なおかつリターンがめちゃくちゃ高いのは、
やはり【ネットビジネスへの投資】です。



私の場合は、4年前に
とあるネットビジネスの教材に初めて投資をしました。


最初に15000円を投資したときはかなりドキドキしましたが、
それは2年間で1500万円になって返ってきました。
1000倍のリターンです。


その後に20万円の高額塾に初めて入ったときも
これまたかなりドキドキしましたが、
それはその後に3500万円になって返って来ました。

利益で言えば、3480万円です。


さすがにかなり勉強と実践に時間を使ったので
不労所得!とはいきませんでしが、
それでも4978万500円のリターンです。



利回りにすると・・・恐ろしいですね(笑)



この辺の経緯は、下にある
【月収350万円物語】の中で
すべて真実をありのままに語っていますので、
投資やネットビジネスに抵抗がある方は
ぜひ1度でいいので真剣に読んでほしいです。



【特典付き】メルマガ登録はこちらからどうぞ!
↓↓↓


こちらからも無料登録できます。



【4大特典付き!】メルマガの無料登録はこちら

2016-10-27 | Posted in 自己投資No Comments » 

関連記事

Comment





Comment