電子書籍販売開始!kindle出版は初心者の副業に最適な理由


こんにちは、志村光一です。


前々からずっと『やらなくては!!』
と、2016年の夏くらいから
言い続けていたkindle出版ですが、

やっと重い腰を上げて取り組んだ結果、
ついに販売開始することになりました。


なにせ104Pもあるので
原稿を書くのはかなりしんどかったですが、

なによりもしんどかったのは
それをkindleで扱えるようにする
EPUBというファイルに
エディターを使って変換するのが
めちゃくちゃしんどい作業でした・・。


この作業だけのために、
何ヶ月も作業が止まっていたと言っても
過言ではないかも知れません。


※先日、起業家の友人から、
ホームページ・ビルダーに原稿をコピーして、
そのソースをそのまま使えば5分で終わるよ!
と言われ、実際にやってみたら5分で終わりました・・・。
あの時間はいったい・・・


というのも、普通にテキストで打った原稿を
そのままエディタに読み込ませて、
改行などを調整するためのタグを入れて
少し手を加えれば、
まあそれだけで完成はするのですが、


なんだか個人的に結構凝り性なもので、
加筆修正したり
改行の調整や微修正などをしていたら
どうも完璧主義が発動してしまい、
半年近くもかかってしまいました・・。


まあ、神は細部に宿る、とも言いますし、
せっかくの自分の電子書籍の処女作ですから、
できるだけしっかりしたものを・・・
ということで、
自己満ですが納得したいと思います。


ところで、kindle出版というのは、
個人でもすぐできる、
いま最も簡単なネットビジネスかもしれません。


とうのも、そもそも電子書籍なので、
作成原価ってほぼかかりませんよね。

それなのに、kindleは70%も報酬がもらえます。

500円の書籍だったら、350円も報酬が入ってきます。
(Amazon独占販売でない場合は、35%になります)


1日1冊売れたらそれだけでもう1万円の報酬ですし、
仮に月10冊しか売れなくても、
月3500円も不労所得が入ってきます。


もしあなたが10冊も電子書籍を出していたとしたら、
単純計算ですが、毎月35000円もの
不労所得が入り続けることになります。


しかも、ちょっと前に始まった
【kindle unlimited】という仕組みがすごくて、
これ、月額980円の読み放題なのですが、
これは自分の商品を売る必要がありません。

読み放題サービスに登録している人が
あなたの電子書籍を無料でダウンロードし、

読まれたページ数によって
あなたに報酬が入ってくる仕組みなのです。


これってすごくないですか??


確かに、500円で販売している本が、
この読み放題サービスのおかげで売れなくなり、
収益が下がる可能性はあります。


それよりも、
どうせそもそも電子書籍出版で
大儲けするのは難しいのだから、

・自分を知ってもらうきっかけ
・自分のブランディング


に電子書籍を使ったほうがよほど賢い気がします。


そのためには、

■とにかく気軽に手にとってもらえる

という、読み放題サービスが
かなり活用できると思うんですよね。


kindle Umlimitedを普段から読んでいる人なら
よくわかると思うのですが、

無料で読めるなら

『まあ、とりあえず読んでみるか』

と言った具合に、
簡単にポチポチ購入ボタンを押しちゃうんですよね。

読み放題のおかげで、こうやって
なんとなくでも読んでくれる人が増えます。


これで、1P読まれるにつき、
0.5円~1円程度の報酬があなたに入ります。


つまり、100Pの電子書籍を無料で全部読まれると、
あなたには50円~100円程度が入ってくるんですね。


まあ、この儲けは微々たるものですが、それよりも、
『手にとってもらえて、なおかつ報酬も入る!』
というのは、なかなか美味しいと思います。


でもって、電子書籍には、
ネットビジネス業界の情報教材や、
無料レポートといったような怪しさが、
かなり軽減されます。


『無料レポートを100冊出してるよ!』
『情報教材を5つ作って販売しているよ!』

というよりも、

『Amazonで電子書籍を10冊リリースして、カテゴリ別ランキングで1位も取ったよ!』

と言ったほうが、明らかに一般人からの反応は違います。
一目瞭然ですよね(笑)


ぶっちゃけいうと、
私の知っている人では、
このkindle出版だけで
毎月15万円~30万円を完全放置で
稼いでいる人が何人かいます。


20~30Pくらいの無料レポートくらいの
ボリュームの電子書籍を作り、
それを毎月2~3冊のペースで
Amazonに登録しているだけで、です。


さすがにこれはすごいですよね。


無料レポートを複数冊作って、
kindleに登録すれば
それだけで毎月数万円から
10万円以上の不労所得ですから、

もしかしたらネットビジネスでいま現状、
もっともハードルの低い稼ぎ方かもしれません。


まあ、全員がこんな簡単に行くとは限りませんが、

個人的に思うのは、
意味のないyoutube動画を大量に作り続けたり、
トレンドサイトが育つのを何ヶ月も待って
アドセンスでチマチマと稼ごうとするより、

価値あるkindle書籍を出版したほうが、
よっぽど早く、効率よく稼げます。


別に上記の方法を否定するわけではないですが、
あなたになにか発信できるような知識や情報があれば、
すぐにでも電子書籍出版をすれば、
月数万円くらいであれば
より簡単に稼げるのではないでしょうか。


もちろん、

電子書籍の収入だけで生活していく!

というのは
かなり無理があると思いますが、
うまくやれば初心者でも
かなり活用できると思うんですよね。


ダウンロードされない、
しかもネットビジネスをやっている人しか
相手にできないような
無料レポートの量産なんかをするより、
初心者でもはるかに効率よく最速で
稼げるのが、現状のkindleだと思います。


無料レポート程度の20~30Pの原稿であれば、
あなたもすぐに書けるのではないでしょうか。


なんだかんでネットビジネス系の人は
無料レポートは作れるのに、

kindle出版はハードルが高い!
と思って、取り組む人は実はほとんどいません。


これほどkindle出版がブームになって
そろそろ2年くらい経つのに、
それでもいまはまだ
アーリーアダプターくらいなものです。


なのでまだまだつけいる余地は
初心者でも十分あります。
むしろ、今のうちにやっておくといいですね。


そのうち、しょぼすぎるコンテンツは
電子書籍として出版すら
させてもらえなくなるときも
くるかもしれませんし。



なにかのジャンルで
専門的な書籍を出していれば、
それだけであなたのブランディングは
一般人からすると、かなりのものです。


うまくいけば、
【先生】レベルにまでなれます。


・電子書籍を出している専門家の先生



・無料レポートしか作っていない
どこのだれかもわからない怪しいアフィリエイター
(しかも稼ぐ系のブログ)


だったら、

どちらの方が話を聞いてみたくなりますか?

ということを考えると、一目瞭然ですね。



というわけで前置きが長くなりましたが、
やっとリリースすることができたので、
ぜひお手にとっていただければ幸いです。



好きなことだけをして生きていく:自由な自分らしい人生を手に入れる方法: 就職の2文字から逃げ回った20代フリーターが月収350万円を稼いだ方法を包み隠さず公開してみた


kindleで読みたい!電子書籍で読みたい!

と思っていただける
ありがたい方がいらっしゃいましたら、
ぜひぜひお手にとってくださいませ。


【特典付き】メルマガ登録はこちらからどうぞ!
↓↓↓


こちらからも無料登録できます。


【4大特典付き!】メルマガの無料登録はこちら

関連記事