安定した会社に入ることこそ実はリスク?起業のリスクとサラリーマンのリスク


こんにちは、志村光一です。


よく【起業はリスクだ!】という意見がありますよね。


まあそれらの多くが実際に起業をしたことすらない
ただの机上の空論の意見というか、
起業のなにがリスクかもわかっていない、
起業して自分の人生の主導権を手に入れようともしない
ただのやっかみの意見の場合も多々ありますが。


私の場合は一人でコツコツやっていた
ネットビジネスでそれなりに稼げるようになってしまい、

税理士に相談したら【会社を作ったほうがいい】と言われ
そのまま節税のために法人化をしてしまったわけなので、
とりわけ【よーし!起業してやるぞ!】と
堅い覚悟を決めたりしたわけではありません。


ただ、今のようなストレスのほとんどない
自由きままな生活を送れるようになったことを考えれば、
結果的に起業してよかったな、とは思います。


で結局、なにかのリターンを得るためには
やはりそれ相応のリスクを取るのは当たり前で、
世の中の多くのサラリーマンや会社員というのは


■毎月の安定したお給料と引き換えに自分の人生を会社に捧げている

というわけなので、
そもそもリスクをとっていないんです。
(会社勤めのリスクはおいおい解説します)


起業家の場合は、

一からビジネスを考え、
(と言ってもまずは既存のビジネスモデルに乗っかればいい)

人脈もブランドもない状態から
案件や仕事を作って持ってこなければいけません。

ビジネスが安定してくるまでは、
給料がほとんどでない、休みがない、
こんな状態が続くかもしれません。


なにより、
【来月は食べていけるのか?】
という資金繰りの不安に
苛まされることになります。

まあここはたぶん誰しもが
通る道ではないかと思います。

家族や社員のいる方のプレッシャーは
かなりのものがあるでしょう。


つまり【リスク】をとっているわけですね。


おそらくこの部分が、
世の中の多くの人たちが

【起業はリスクが高いからやめておけ!】
と言う大きな理由となっているのだと思います。


そのかわり、ビジネスが安定してきたり、
大きな案件でドカン!と稼ぐことができると、
自分の給料も何百万円から何千万円という
普通のサラリーマンでは考えられないような
金額を手にすることが出来ます。


これが、リスクを取ったリターンなわけです。


しかもそれらを自動化してしまえば、
毎月ほったらかしでも
月収100万円以上は十分可能になります。


だから好きなときに休みをたくさんとったり、
家族サービスを常にできるようになるわけですね。


しかし一方サラリーマンはというと、
給料も休みもすべて会社に首根っこ掴まれているわけです。

給料が毎月安定して入ってくる、
自分で仕事を取ってこなくても
会社が勝手に仕事を用意してくれ、
それをただロボットのようにこなすだけで
毎月の給料が約束されます。(リストラというリスクもあります)


なので、起業家のように
・一気に給料が倍になることもなければ
・休みを自分で決めることもできない
わけです。


休日出勤をしなければいけない場合もあるでしょうし、
自分の趣味や休息は愚か、
家族サービスすらできないこともあるでしょう。


これも個人的にはかなりの【人生のリスク】だと思いますけど
いかがでしょうか?



確かに【起業する】というと、
かなりハードルやリスクが高いイメージがあります。
事実、私がネットビジネスを始めた時もそうでした。


ですが、こう考えてみる必要もあると思うのです。


【安定している会社にはいることこそ、実はリスクが高いのではないか?】

ということです。


安定した会社に入り、そこで一生労働力を捧げることこそが、
以前は人生の勝ち組と言われていました。
(その代わり【会社に一生を捧げる】ということになるわけですが)


会社に入ると、別に自分が何かをしなくても
次から次へと仕事が用意されます。
自分で案件を取ってこなくても、
会社のネームバリューで案件が取れてしまったりもします。
人脈なんて一から築かなくても、
すでに会社に取引先がある程度あります。

自分で一からビジネスモデルを考えなくても、
会社のお偉いさんたちがビジネスモデル構築してくれてます。


ようするに【会社に言われたまま仕事をするだけ】では、
【自分の力でお金を稼ぐ方法が身につかない】と言えます。


もちろん、どんな状況や環境でも率先して行動して
道を切り開いていくリーダー的な優秀な社員はいるでしょう。
ですがそういう人は会社の中でも高給をもらってますし、
例え独立したとしてもうまくやっていくでしょう。


ですが、大半のサラリーマンや会社員は、
会社から与えられたことをやるだけ、
上司から言われたことをこなすだけ、
誰でもできる事務作業をこなすだけだと思います。


そんな人が、いきなりリストラにあったら
どうするのでしょうか?
まあ、どこかに再就職するしかないですよね。
となれば結局、また別の会社に首根っこ掴まれるだけです。


つまり

・安定した会社で仕事をする=自立できる力が身につかない

とも言えるのではないでしょうか。


サラリーマンの方から給料の話を聞くと、
私はいつも愕然とします。


・毎月のキャッシュフロー(家計収支)は把握せず、
お金の知識のない奥さんにすべて任せている

・自分もお金の勉強を一切していない

・自分の給料からどれだけ税金が引かれているか把握していない

・そもそもどんな種類の税金があるのかもしらない

・源泉徴収などの理不尽な国のシステムになにも疑問を抱いていない


などなど、

【今の会社がクビ(または倒産)になったらこれで本当に人生やっていけるのかな?】

と、頭を捻ってしまう人たちが
私の友人たちにも本当に多いです。


でもって会社に言われたことをただこなすだけでは

・専門的なスキルも身につかない(身についても独立してから役に立たない)

ことが多いのではないでしょうか。

これを【リスク】と言わずして、なんなのでしょうか。


・スキルも身につかない
・お金を稼ぐ方法もわからない(そもそもビジネスを理解していない)
・自分がどれだけ頑張っても給料は大きくは上がらない(むしろ減っていく可能性も)
・どんなに会社に尽くして働いても、いつリストラされるかわからない(会社が倒産する可能性も)



といったリスクの方が、起業と同じくらい、
もしくは人生ベースで考えれば
よほど起業よりもリスクがあるように個人的には感じます。


ネットビジネスは物販やせどりこそ
ある程度資金が必要になりますが、
アフィリエイトや情報発信はほとんど資金もいらず、
ノーリスクで月収100万円以上を稼げる世界です。


これらをやらない理由が私にはわかりません。


だからといってネットビジネスを賞賛するわけではないですし
ネットビジネス起業家と会社員どちらが偉い、とかいう話ではないですが、

【自分の力だけでお金を稼ぐスキル】
というのを、会社員をしながらでも
身につけておく必要性を感じていない、というのは、
それこそヤバイのではないかと個人的には思います。


【自立をして自分の人生をコントロールする力】

と、会社員の安定、果たしてどちらが
自分の人生にとって有益なのか?
一度真剣に考えてみるといいかもしれませんね。



【特典付き】メルマガ登録はこちらからどうぞ!
↓↓↓


こちらからも無料登録できます。


【4大特典付き!】メルマガの無料登録はこちら

関連記事

コメント1件

 ryouji | 2016.06.07 5:45

こんにちは。いつもありがとうございます。

安定した会社にはリスクがないように思えますが
実はかなりのリスクがあるんだなと改めて思いました。

自分の人生をどう作っていくかも課題ですね。

参考になります。

ありがとうございます。

Comment





Comment