【ドバイ旅行記】お金持ちや富裕層の空気を肌で感じる旅


IMG_2558
こんにちは、志村光一です。

だいぶ前の話になるのですが、(2015年7月)
起業家の仲間たちとドバイへ行ってきました。
6泊8日のそこそこロングステイです。

この旅には、企画していただいた
とある起業家の方に大変お世話になりましたので、
まずはその方に先に感謝の気持ちを述べさせていただきます。

そして、せっかくドバイという滅多に行かない(行けない)旅行を
楽しんできたのに、これまでブログに旅行記を上げていませんでした。

ただこれまでに、

・ドバイってなんだかすごそうですね!
・私もドバイに行ってみたいです!
・なんだかギラギラした他の稼ぐ系のネットビジネス起業の人とは違う空気を感じます!

などなど、嬉しい意見もチラホラ頂いているので、
この度せっかくなので記事にしてみました。

興味があればぜひ見てみてください。


そもそもドバイってどこなの?


今回、ドバイ旅行に行くにあたって、色んな人に

■そもそもドバイってどこなの??

とめちゃくちゃ聞かれましたので、簡単に解説をします。

2017-03-16_140920
グーグルマップで見ると、ここになります。
アラブ首長国連邦(UAE)にあります。
サッカーが好きな方には馴染みがあるのであるのではないでしょうか。

ちなみに、日本との時差は約5時間ほどあります。

wikipediaによると

ドバイは、アラブ首長国連邦を構成する首長国のひとつ。
また、ドバイ首長国の首都としてアラビア半島のペルシア湾の沿岸に位置する、
アラブ首長国連邦第2の中心都市。人口は約244万人(2016年1月)
中東屈指の世界都市並びに金融センターであり、
21世紀に入ってから多くの超高層ビルや巨大モール、
ビッグプロジェクトが建設されるなど、世界的な観光都市となっている。



ということで、実際に都心部ではかなり発達していて、
普通に買い物などでも不便なことは一切ありませんでした。
レストランに入ればご飯も美味しいし、
普通に治安もいいしで、素晴らしい観光都市でしたよ。

ネットで拾ってきた画像ですが、
実際にはこんな感じの雰囲気になっています。

ph_02
すごいですね!
日本の東京よりも洗練された感じがありますし、
香港にも過去に何度か行きましたが、
香港にも負けず劣らず夜景が綺麗です。

他にも【ドバイ】で画像検索するだけで
なんだかすごそうな画像がいっぱい出てきますので、
興味があればそちらも見てみて下さい。


ドバイの治安はどうなの?


【ドバイに行くよ!】と言ったら
家族や友人たちにはものすごく心配されました。

・中東は危ないんじゃないの??
・ハワイやグアムに行けばいいじゃない!
・爆弾テロとか大丈夫??

とめちゃくちゃ心配されましたが、
ドバイは都市部であれば、
実際はそんなことはほとんどありません。

夜中に一人でコンビニやファーストフード店に
買い物に行けるくらい治安はよく、
日本に比べると人も全然ごみごみしていないので、

街中で普通にヤク◯やホームレスを見かける日本のほうが
治安的には危ないんじゃないか、という気さえします。

もちろん、私が行った時期が良かった、ということもあるでしょうし、
ちょうど旅行直前に、ドバイモールでアメリカ人だかが
刺されて殺される、という事件もあったので、
100%安全か?と言われるとそうは言いきれません。

が、それは日本でも同じですし、
どこの国に行っても、一定の確率でその危険はつきまといます。

そういうことを考えれば、ドバイは治安は良い方だと思います。
まあ、あくまで私が行った地域に限る、ですが。
ダウンタウン的なところはわかりません。

ただドバイはイスラム教の国なので
・お酒、ギャンブル、女遊び
が、禁止されています。
これがドバイの治安がいい理由の要因となっていると思います。

多くの日本人は海外旅行に抵抗があって
興味がない人が多いですが、
【自分の知らない世界=危ない・危険】
といった先入観で物事を決めつけるのは、
本当に日本人の良くないところだな、と感じます。


なぜわざわざドバイに行ったのか?


これも非常によく聞かれました。

家族にも【今度ドバイに行ってくるよ!】と言ったら、

・なんでわざわざドバイなんて行くの?!

と言われました。

これは価値観の問題なので説明してもなかなか
理解できない人は本当に理解できないと思うのですが、
一言で言うと

・自分が豊かなお金持ちを目指しているので、お金持ちや富裕層の空気を肌で感じたかった

という理由が、最大の理由です。

別にドバイじゃなくてもいいのですが、
やはり【お金持ち・富裕層=ドバイ】という事実はあります。
これは、画像を見てもらえれば雰囲気から伝わると思いますし、
調べてもらえればだいたいの感じがすぐわかります。

また新興国なので、今後ドンドンと
発展していくだろうとも予想されています。

与沢翼さんが、最近ドバイに数億円のレジデンスを、
あのブルジュハリファに買いましたよね。
その後、次々とドバイに物件を買っているそうです。
与沢さんは2020年の未来に向けて、
将来価格が上がるだろうという物件を
いま買い集めているそうです。

そして事実、ドバイ政府もいま2020年に向けて、
さらに開発・発展させているそうですよ。

まあ私のような凡人の思考回路では
さすがにスケールが違いすぎる話ですが、
ようするに、世界のアッパーミドル層~富裕層が
集まっているのが、このドバイという国みたいです。

そしてデータによると、ドバイの人は
年収が最低でも1000万円以上はあるそうですよ。
公務員だと、年収3000万円もあり得るそうです。
(ただし、出稼ぎの人たちは別)

ドバイは中東の国なのにも関わらず、
実は『石油資源に頼らない国』という目標をかかげて、
海外からの観光客を呼び込む経済政策をしているとの事です。
なので、これだけ発展しているのも理解できるわけですね。
都市部の治安がいいのも、治安が悪いと観光産業になりませんから、
力を入れているのでしょう。
ドバイのメインの産業は観光・貿易・金融となっています。


まあ話を戻しまして、

・自分が豊かなお金持ちを目指しているので、お金持ちや富裕層の空気を肌で感じたかった

と家族に聞かれたので伝えてみたところ、

・あんたそんな旅行なんかにそんなお金をかけるなんてバカじゃないの?私だったら軽自動車1台買うわ!

と、冷ややかにバカにされました(笑)

こういうところも、日本人の良くないところだと思います。


自分が乗るための軽自動車は、自分が乗るだけだったら資産になりません。
むしろ税金や維持費が出ていくので、負債になる可能性のほうが高いです。
しかも新車で買おうものなら、買った値段よりさらに価値が年々減っていきます。
つまり【消費】または【浪費】になるので、ほぼ確実に損をするわけです。

でも、私は今回のドバイ旅行の経験・体験が自分の将来につながり、
自由なお金持ちになるために必要な感覚だと感じたので、
それだけの投資を惜しみませんでした。

それに、私自身が情報発信をやっていて
【自由になりましょう!】【お金稼ぎましょう!】【月収何百万円稼ぎました!】
とかしか言えない、
気持ちが悪いネットビジネス系の人たちと同類に思われたくない、
というのも前々からずっと思っていました。

そういう意味でも、今回のドバイ旅行の経験は、
そういった【稼ぐ!しか言えない気持ちが悪い人たち】が
経験したことのない、本当に【自由なお金持ちの感覚】を
自分自身に落とし込むという貴重な経験値を得るためには、
投資対効果で考えるとものすごく良いリターンだったと思います。

やはり
・ちょっと月100万円くらい稼いだ人

・数億円の資産を持っている人
の発言は、重みが違いますよね。

なので私自身が今後そうなれるよう、
そして、私が指導したり、教えていく人達に向けて
説得力のある言葉を伝えられるよう、
今回は自分の将来の投資のための旅行だったのです。

まあ、ネットビジネス系の人たちで
ドバイに行ったことのある人なんて
ほとんど聞いたことありませんからね。
私が知っている限りでも本当に数名くらいだと思います。

それだけでも、そのへんの気持ちが悪い
ネットビジネス系の人たちと大きな差別化になりますし、

なによりドバイで撮影してきた数々の画像素材のおかげで、
私はこれまでにすでにいくら稼がせてもらったかわからないくらいです。

まあ、この感覚はこうして文章だけで伝えるのは非常に難しいですが、
少なくとも私の家族にはさっぱり理解されませんでした(笑)


ドバイへ行くにはエミレーツ航空


777-200LR
有名なのは【エミレーツ航空】ですね!
エミレーツ航空は2013年に世界の優良航空会社1位に輝いたこともあるそうで、
実際にとても素晴らしい接客対応をしていただいたと思います。

今回の旅も、エミレーツ航空を使いました。
羽田空港から、ドバイ国際空港まで直行で12時間ほどだったかと。

夜中の25時に日本を出発し、到着は現地時間の朝7時くらいでした。
(時差の関係で)

ドバイ国際空港はこんな感じです。
(撮影しなかったので、ネットの画像です)

travelairportnet-dubai-airport-gorgeous-main
うーーん、普通にきれいです。

到着した時間が早朝だったので
活気はほとんどありませんでしたが、
帰りはお昼の便だったので、
めちゃくちゃ活気がありました。

ここからタクシーに乗り、
1日めの宿泊ホテルに泊まります。

海外の空港に到着すると不安もありますが、
それと同時に新しい体験ができると思うと、
とてもワクワクします!

まあ海外旅行に行くと、
毎回空港に到着するとなんだか
そわそわしてしまいますね。

ドバイ旅行1日目・アトランティス・ザ・パームホテル


というわけで、ドバイの1日めはに泊まったのは
【アトランティス・ザ・パームホテル】で、
ドバイにある世界最大級の人工島【パームジュメイラ】の先端にあります。

※パームジュメイラ
th_46fd95f8-s
タクシーで向かうと、遠く彼方に巨大な建造物が!
と思ったら、それがアトランティス・ザ・パームホテルです。

c0067690_13473717
アトランティス・ザ・パームは
ドバイでは有名なホテルなのですが、とにかくでかいです!!

DSC_0146
この【アトランティス・ザ・パームホテル】は、
ホテルの中に水族館あり、アトラクションのプールもあり、
ホテルの宿泊者なら好きなときにいけるのですが、
なにせ模型ですらこの広大な土地!!

アトランティス・ザ・パームの外観
DSC_0076
プールだけでこの敷地面積!
DSC_0077
レジデンスも開発中。
こんなおしゃれなところに住んでみたい。
DSC_0075
そしてホテルの中に巨大な水族館が。

DSC_0074
しかも敷地内にあるプールがまた広大で、
日本では考えられないスケールです。

DSC_0082
しかもほぼ90度の直角ウォータースライダーが
マジで怖いけど楽しい!!
滑りだした瞬間、転落死を意識しました。

残念ながら動画は撮影していないのですが、
もちろん体験してきましたよ。
youtubeで見つけたのですが、まさにこんな感じです。



ホテルの部屋からは、目の前の海が一望できます。

DSC_0071
フロントロビーはまた圧巻で、
めちゃくちゃ豪華な感じです。

s_IMG_2267
廊下を歩くと、なんだか別の世界に迷い込んだみたいです。

s_IMG_2258
アトランティス・ザ・パームは
本当に【ファミリー向け!】と言った感じのホテルでしたね。

とりあえず、バルコニーでメルマガを書きました。
インターネットに繋がったパソコン一台さえあれば、
どこででも仕事ができますからね。

IMG_1257
ただ、まーー、とにかくドバイは暑いです!!
日中に30分でも外出しようものなら、
それだけでシャツがベしょべしょ。
着替えがいくらあっても足りないです。
一日にシャワー何回浴びるんだよ!と言う感じになります。

夏のドバイは最高で40度も超えるので、
暑さ対策は必須ですね。

ということで、1日めは思いっきりプールで遊んでしまいました。

アトランティス・ザ・パームホテルの前で記念に撮影した1枚。
人生初のサングラス姿です。
なんだか売れない音楽プロデューサーみたいになってしまった。

IMG_1133

ドバイ2日目・マディナ・ジュメイラへ


53556740
ドバイ2日目は【マディナ・ジュメイラ】という観光地へ。

ただ、私がドバイに行ったタイミングは
ちょうど【ラマダン】という時期だったため、
日中はお店もほとんどやっていない、
お酒は飲めない、食べ物食べちゃいけない、
など、いろいろな制約がありました。

なので日中はお店にほとんど活気がないか、
閉まっているので、お客さんもほとんどいません。

wikipediaより

ラマダンは、ヒジュラ暦の第9月。この月の日の出から日没までのあいだ、
イスラム教徒の義務の一つ「断食(サウム)」として、飲食を絶つことが行われる。


ということなのです。

といってもガチガチに厳しいわけではなく、
一応公共の場所以外では、流石に多少の飲み物や、
多少食べ物は食べてもオッケーです。
(イスラム教の人に見られないように個室になっていたり、仕切があったります)

屋内でしかも部屋の中であれば、
まあオッケー、という感じみたいですね。

イスラム教の人は食べないみたいですが、
私たち観光客はイスラム教ではないですからね。


マディナ・ジュメイラのお店。
全然活気が無いので人があんまりいない。
IMG_2062 IMG_2055
こんな感じで、ドバイはガラス工芸のお土産が名物みたいです。
さすがに重くて荷物になるので買いません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なんだかよくわからないけど、
おみやげで売っていたぬいぐるみに癒やされました。

DSC_0089 DSC_0090
その後、船でジュメイラの中を回るツアーに。
30分くらいで2000円くらいだったかな?
DSC_0087
DSC_0073
DSC_0081
あの超有名な5つ星の最高級ホテル【バージ・アル・アラブ】が見えます。
いつかはここに泊まりたい。(ちなみに1泊30万円くらいします)
03616x
この日の夕食は、ジュメイラリゾートの中にある
レストランで、お肉を食べました。
夕方18時を超えたので、お酒も食べ物もオッケーです。

というわけで、贅沢に【和牛ビーフステーキ】を注文!

DSC_0091
たしか3500ディルハムくらいしたので、1万円くらいしました。
こんな高いお肉食べたことない!
ご馳走いただきまして、ありがとうございました。

まあめちゃくちゃ美味しかったのですが、
メニューに和牛、と書いてあるのになぜか【オーストラリア産】でしたが(苦笑)

そんなこんなで、2日目は終了です。

3日目・ブルジュ・ハリファ、ドバイモールへ


3日目は、【アルマンジールホテル】という、
ドバイモールの近くにあるホテルに移動しました。

(撮り忘れたのでネットからお借りしました)
filename-dsc-0478-2-jpg
アルマンジールホテルはアトランティス・ザ・パームと比べると
ビジネスホテルをちょっと良くした感じのホテルで、
そこまで【おぉーすごい!】という感じはまったくないのですが、
ブルジュ・ハリファが目と鼻の先にあるので、
部屋の窓からいつでもブルジュ・ハリファが見れます。
(東京タワーの目の前のホテル、というイメージです)

DSC_0094
というわけでブルジュ・ハリファ!
DSC_0103
ブルジュハリファは、828mにもなる、
世界最大の高さの人工物だったかな?
とにかく、高さが半端じゃありません。

ブルジュ・ハリファの前で記念撮影!
IMG_2334
IMG_2311

その後は、ドバイモールの中を抜けて、
ブルジュ・ハリファの展望台に向います。

ブルジュ・ハリファは途中の124階展望台までは一般で行けるのですが、
そのさらに上にある148階だかの【AT THE TOP】という
VIP展望台のラウンジは、500ディルハム(日本円で15000円くらい)します。

今回はせっかくドバイまで来たので、
ケチケチせずにVIP展望台のラウンジまで来ました。
IMG_2552
うーーん、なんだか高層ビルがおもちゃみたいに見えるぞ。
DSC_0110
車がアリンコみたいです。
DSC_0111
これらがすべて元々砂漠の上に
建てられていると思うとすごいですよね。
DSC_0115
ドバイモールも真下に見えます。
あんな大きいドバイモールでさえ一望できます。
DSC_0117 DSC_0114
さすがに15000円ともなると人が少なく、
非常に快適に過ごせました。
なんとなくもの思いにふけってみたり・・。
IMG_2558
せっかくなので、動画も撮影してみましたよ!


ブルジュ・ハリファのVIP展望台なんて
普通に生きてたらまず来ることはないだろう場所なので、
ものすごく貴重な経験をさせてもらいました。

ちなみに与沢翼さんの住むレジデンスも、ドバイモールのすぐ近く、
このブルジュハリファが常に見える場所らしいですよ。
非常にうらやましいですね・・・。

※youtube動画から転載

さてその後は、ドバイモールの中を散策です。

ドバイモールの中には本当になんでもあります。
買い物をする場所だけではなく、水族館に映画館もあります。

ドバイモールにある水族館。水槽がめちゃでかい。
DSC_0106
日本の100円ショップもありました。
DSC_0104
お腹が空いたのでランチを食べようとするが、
ラマダン中なので食べれるものが全く見当たりません。
外で食べている人も全く見当たりません。

これは夜までなにも飲み食いできないのか・・?

と一瞬焦りましたが、ドバイモールの一角にある
レストラン街がやっていました!

ただ、ラマダン中なので、レストラン街より
外への持ち出しは禁止、さらに食事しているところを
外の人に見られないように仕切がされていました。

なるほど、こういう仕組みだったのか。

というわけで、普通にハンバーガーにポテトという
なんとも普通のランチを食べてしまいました。
DSC_0107

そして夜になると、ドバイモールにある
【ドバイファウンテン】で、噴水ショーが行われます。
これがまたかなりきれいで、見ものなんです。

こんな感じ。※ブルジュハリファをバックに。
DSC_0131
画像じゃわかりづらいと思うので、動画も撮影してみました。


こんな感じの素敵なショーが、
完全無料で1時間置きとかにやっているんですよ。
さすがドバイ!バブリーな感じです。

ドバイモールの中にある日本食のレストランで
スパイシーラーメンという1杯2500円もする謎のラーメンを
起業家仲間みんなで食べながら、光の噴水ショーを堪能しました。
(ラーメン1杯2500円は、きっと場所代だったのだと思います)

DSC_0124
DSC_0125
3日目もドバイを満喫しましたので、
ホテルに戻り、起業家仲間たちでアイスクリームで乾杯しました。
DSC_0132
その日の夜は、こっそりとメルマガを書いて寝ました。
こうやって本当にどこでも仕事ができるって素晴らしいです。
2015-07-24_144325

4日目・ドバイ名物ゴールドスークへ


アルマンジルホテル2日目。(ドバイ4日目)

ドバイには【スーク(市場)】というものがあるのですが、
(他にもスパイススークという、スパイスだけの市場もあります)
その中の【ゴールド・スーク】というところに、
この日はタクシーでひとっぱしり行ってきました。

ドバイというと近代的なイメージが先に思い浮かびますが、
こうした昔ながらの?市場というものをあるんですね。

アラビアンナイトなどでも、金銀財宝というイメージもあるくらいですし、
まさしく【金の市場=ゴールドスーク】という名前そのものでした!

DSC_0139
そこらじゅうで金や金細工が売っています。

DSC_0138
世界中の金のレートもすべて表示されていて、
実際にこのドバイで金を買い、日本に持って帰って売れば、
多少の利益が出る感じはありました。

まあ、所持金がなかったのでやりませんでしたが・・。

あと、ドバイのスークでは、値切りが基本です。
最初に買おうとすると、普通に相場を無視した
バカ高い金額をふっかけてきます。

値下げ交渉はもちろん日本語は通じませんので
英語で行うわけですが、
英語で【プライスダウン!ダウン!モア!モア!】というだけで
十分通じます。
こうやって、メンタルブロックを外していくのですね(笑)
なかなか楽しいです。


お腹も減って喉も渇いたのですが、
ラマダン中ということで、飲食店はほとんど開いていません。
あまりの暑さに脱水症状になるかと思いました・・。

私はスパイススークには行きませんでしたが、
他の起業家の方たちはスパイススークにも行ってましたね。
今度ドバイに行くときは、私も行こうと思います。

その後、ドバイモールまで戻り、
夜のクルーズディナーまで各々自由時間です。


夜はクルーズディナーということで、
こんな感じの船に乗り、
ペルシャ湾の潮風とディナーを楽しみます。

Tr00100420090316134118496 ※ダウ船というらしいです。

ディナーをみんなで食べながら、
ビジネスの話をしたり、お互いの近況の話をしたり、
たまにはこういうのもいいなって思いました。

日本の屋形船の宴会とは違って(笑)
優雅な感じがしました。

私はお酒が一切飲めないのですが、
こういうときにお酒が飲めると美味しいだろうなー、
といつも感じます。

というわけで、ドバイ4日目の夜も更けていきました。


ドバイ5日目・デザートサファリヘ!


この日は、最後のホテル【デザートパームホテル】に移動です。

このデザートパームホテルは、
時期によっては1泊10万円以上もする、高級ホテルです。

デザートパームという名の通り、
砂漠の中にドンッ!と広大な面積があり、
それがすべてホテルの敷地なのです。

ヴィラタイプというのかロッジ風というのでしょうか、
ホテルの中の1部屋1部屋がすべて独立しています。

2017-04-04_182642
こんな感じで、各部屋にすべて備え付けプール付き!

せっかくなので、記念に動画を撮影してみました。


このホテルが今回のドバイ旅行の楽しみの一つだったのですが、
素敵過ぎて一発でやられてしまいました!

プールはもちろん、キッチンや中庭やサンルーム、
シャワー室や浴槽もあって、トイレも2つ!
こんな贅沢なホテル、いままで初めて泊まりました。

部屋の中はこんな感じ。

05014078_7 ※画像を撮り忘れたのでネットからお借りしました。

その後、数名の起業家で集まって
ホテル内のレストランへ行きランチ。

DSC_0150
富裕層の国らしく、シンボルの馬がレストランの前にもありました。
そしてここでもまたプール。いったいいくつあるのか・・。

DSC_0186

その後、この日はドバイ砂漠の観光名物【デザート・サファリ】へ行ってきました!

desertsaffari ※またもやネットから借りました。

4WDに乗って砂漠の中を疾走するのですが、
砂漠と言っても山あり谷ありの凸凹なので、かなり揺れます。
ジェットコースター的な怖さがありますが、
運転手さんによってかなり怖さが違うみたいで、
私の車では恐いというよりも、普通に車酔いしました・・・。

その後、なぜか自分たちの車が砂漠にハマり立ち往生。

DSC_0154
ドバイの運転手さんたちが一生懸命復旧してくれましたが、
その間1時間ほど暇だったので砂漠をフラフラしていました。

IMG_3155
いい感じに日が暮れてきた。

IMG_3158
ドバイの砂漠では、
デザート・サファリだけではなく、
サンドボードも経験してきましたよ!


⇒youtubeで見てみる

その後は、砂漠のどまんなかにある集落でディナーです。

集落はこんな感じ。

DSC_0172
ラクダもいました!
ナマのラクダ初めて見ました!

DSC_0163

その後、夜がふけるに連れて
ライトアップされていきます。

ダンサーの女性の方が踊り始め、きれいなダンスショーが見られました。

DSC_0175
DSC_0182 DSC_0183
普段はかなり色っぽい格好で踊るみたいですが、
このときはラマダン中ということもあり
普通の衣装でした。残念・・・なのか?


ディナーはビュフェ形式で
好きなものを好きなだけ食べ放題なのですが、
またもやラマダン中ということもあり、
質素な食事・・・。

DSC_0173
特にお肉が堅くて食べられません。

ドバイではレストランなどでは
普通にこちらと変わらない美味しい食事
(ステーキ、ハンバーガー、ラーメン、アイスクリームなどなど)
を取れるのですが、ラマダン中ということもあり、
こうしたメニューが食べられないときの
郷土料理?は本当に美味しくありません。

変な香辛料が効きすぎていたり、
お肉がガチガチだったり、
イスラムの方の食事は完全に
自分の口にはあいませんでしたので、
食事に関してはやはり日本が最強だと思います。

なんだかんだで夜も更けてきたので、
この日の夜はホテルの部屋に返ってから
爆睡をしてしまいました。

ドバイ6日目最終日

この日は、ドバイの最終日ということで、
1日終日自由行動でした。

朝起きてレストランに行き、
友人の起業家たちとご飯を食べ、
せっかくドバイという貴重な場所に来たのだから、
ということで、午前中には、
僭越ながら他の起業家仲間にむけて
トップシークレットセミナーを開催してきました。

参考になるものがあれば幸いですが、いかがだったでしょうか。
2015-07-08_193633

その後、午後は各々自由行動へ。

部屋で1人でのんびりしているメンバーもいれば、
1人でラマダン中のドバイモールに繰り出し、
ドバイを散策しているメンバーもいました。

海外旅行、それも日本語が全く通じない
馴染みのない国で、1人で飛び出していくのですから、
なかなか勇気があるなぁ、と思いました。
こうやって、人間は成長していくんですね。

私もただ部屋でのんびりするのももったいないので、
このデザートパームホテルの中にあるスパに行き、
日頃の疲れを取るため
90分間みっちりとマッサージを受けることにしました。
(価格は日本円にして25000円でした。めちゃ高い!!)


そして、ホテルの中とは言え、
スパのおねえさんと2人きりになるわけです。
いやらしい意味ではなく、(笑)
普通に日本語の通じない環境で1対1という、
自分の英語力を試すまたとないチャンスです。

マッサージを受けながら
最初はカタコトでドキドキしながら
会話していましたが、
まあ、カタコトでもなんだかんだで通じますし、
わからない単語や聞き取れないがあっても、
【Sorry!one more!】って言えば
ゆっくりと分かりやすいように言い直してくれます。

日本人は外国人をなんだか宇宙人のように
扱ってしまうようなところがありますが、
やはり相手も人間なので、
人間として普通に接すれば、
向こうも汲み取ろうと頑張ってくれるわけです。
これがコミュニケーションですね。

今回のドバイ旅行で、
自分の英語力や度胸や勇気みたいなものも、
少しは成長したのではないか、
鍛えられたのではないか、と感じることができました。

まあ、海外旅行くらいでなに偉そうに言ってんだ!
という感じもありますけどね(笑)

スパが終わり気がつくともう夕暮れ。
この日はドバイ最後の日ということもあり、
みんなでレストランで夕食を食べました。
(ドバイ市内に1人で出ていったメンバーは除く)

DSC_0188
ラマダン中の食事ということもあってか、
美味しくない!!(笑)

見た目は非常にきれいで素晴らしいのですが、
前菜は半分くらいは食べられませんでした・・。

特に手前のクリームみたいなペーストみたいなやつが
激まずでした・・。
DSC_0189
カレーはなんとか普通に食べれました!
DSC_0190
デザートは普通に美味しい!
DSC_0191
これで3000円くらいだったかなぁ・・・。


最後は部屋に戻り、起業家の仲間同士で
これまでのことやこれからのことを
夜中の2時くらいまで語り明かしました。
翌日の朝5時にホテル出発だと言うのに・・。

DSC_0185
デザートパームホテルの部屋にあるプールで
夜中にひとりでぷかぷか浮かんで夜空を眺めて
将来の展望とかを考えてたら、
なんか不安とか悩みとかはほとんどが大したことないんだな、
って思いました。

なにごとも、最終的に大事なのは自分の行動力次第だなと,
改めて感じました。

日本での悩みって、海外に来てそのスケールを
目の当たりにすると、ほとんどが本当に大したことがないな、
って感じます。


今回、このような素晴らしいドバイツアーを
企画してくださった起業家の方には、
本当に感謝してもしきれません。
ありがとうございました。

自分の人生を振り返る、非常に良いきっかけとなりました。

ドバイ旅行を終えて


ドバイは本当に楽しかった!

海外旅行に行くと、
なんかこう日々悩んでいたこととか、
不安に思っていることとか、
そのほとんどが大したことないものばっかだなぁ、
ということに気づきます。

なんというか一言で言うと、
【度胸がついた】みたいな感じでしょうか。

もちろん、
まだまだ自分自身足りない部分もあるし、
実際に現地でもっと
自分の成長につながることをやればよかったなぁ、
という反省はあるけども、

とにかく普段日本にいては絶対に味わえない
経験や感性を磨いてきたので、
起業家としても、人間としても確実に成長した感はあります。

あとはこの成長した感を、一時のもので終わらせるのではなく、
ちゃんと人生ベースで行動や結果に表していかないといけないな、
と改めて感じました。


ただたんに海外旅行に行って
【楽しかった!】で終わらせるのはもったいないですね。

こうやって、普段の自分が一切通用しないところに行き、
自分のいまある力を試してみる、価値観を見直して見る、
など、ものすごく良いチャンスになります。

特に情報発信やブログをしている人や、
なにより【ネットビジネスで自由!】と声高に叫んでいる人が、
毎日家でパソコンに向かうだけ、ゴロゴロしてるだけ、
では、説得力もなにもないですからね。

オリジナルな誰にも真似ができない情報発信をすることこそ、
唯一無二のコンテンツになり、他人から評価されるのだと思います。

■普通の人ではなかなかできない体験をする!

これこそが、ネットビジネスや情報発信で
稼ぐためには非常に重要だと感じます。

今後もこのブログを読んでいるあなたに、
自由を見せていければいいな、と思っています。

それでは長い記事をお読み頂き、
本当にありがとうございました!



【特典付き】メルマガ登録はこちらからどうぞ!
↓↓↓


こちらからも無料登録できます。


【4大特典付き!】メルマガの無料登録はこちら

2017-03-16 | Posted in よく読まれている人気記事, 旅行記Comments Closed 

関連記事